比べてみました!

あの大根多「芝浜」を、漫画・アニメ・噺家で比べてみた比較展示のコーナーです。
同じ噺でも個々に独自の表現がある面白さをぜひご覧ください。

漫画

「芝浜」の漫画表現

『昭和元禄落語心中』9巻で、与太郎が披露した「芝浜」。
四国の温泉旅館「亀屋」に残されていたフィルムには、八雲が認める助六の若かりし頃の「芝浜」が収録されており、それを見た与太郎が、生きる気力を失った師匠・八雲の前で再現。
一門の複雑な人間関係が織り込まれた一席を、漫画では読者の感動を誘うように劇的に表現されています。

冒頭

冒頭

棒手振で魚を商うクマの名から始まる「芝浜」。
与太郎は淡々と、
しかし当時の助六そっくりに披露し始める。
その噺っぷりに瞬時に気づいた八雲の表情が、
カットインするかのようにつづく。

中盤

噺は中盤に差し掛かり、
扇子をキセルに見立てながら演じる与太郎。
その仕草に、
小夏も父・助六のあの頃を重ね合わせる。

中盤
中盤

四十八両が入った財布を拾ったクマが、祝い酒を食らって寝入ってしまうシーン。
助六と瓜二つの「芝浜」がつづく。

終盤

噺は終盤。
三年が経過し、ついに女房がすべてを打ち明けるシーン。
「芝浜」はここで、女房の表現が「内助の功」タイプか、
「亭主に惚れ抜いた」タイプかに分かれる。
ここで与太郎が演じた女房は、
「亭主に惚れ抜いた」タイプだった。
そしてクライマックスのオチ。
助六が貫いた妻・ユリエ(みよ吉)に対する想い、
そして与太郎の師匠や妻・小夏に対する想い、
それぞれの想いが「芝浜」の夫婦の心情と重なり合い、
与太郎の瞳からは大粒の涙があふれる。
『昭和元禄落語心中』9巻で、このうえない感動的なシーンとして描かれている。

*この感動をぜひ、『昭和元禄落語心中』(漫画)でご体験ください。

終盤

アニメ

「芝浜」のアニメ表現

漫画で感動的に描かれていた与太郎の「芝浜」。
アニメでは動画の特性を活かし、漫画の感動シーンをさらに引き立たせる演出が加えられています。

冒頭

冒頭

当時の助六そっくりに「芝浜」を披露し始めた与太郎。
瞬時に気づく八雲。
漫画にはなかった八雲の後ろ姿が加えられ、次に続くハッとする表情が一層際立つように演出されている。

中盤

噺は中盤。
扇子をキセルに見立てる与太郎。
漫画にはない火打ちとキセルを吸い始める仕草が加えられている。

中盤
中盤

さらに若かりし頃の父・助六とそっくりなことに気づいた小夏の表情が、当時にタイムスリップするかのように画面が一瞬ぼやける。
動画ならではの繊細な演出がつづく。

終盤

噺は終盤。
嘘をついていたことを女房が打ち明ける。
するとクマが驚く顔に、芝の浜を連想させる海、涙して謝る女房の姿、さらに夫婦の心情を感じさせる音楽が重なる。
漫画にはない印象的なシーン。

終盤
終盤

クマが女房に感謝の言葉を伝える。
感謝してるよ、ありがとう。
その言葉を聞いて、何かを思う八雲がうつむく。
アニメではうつむく動きが表現され、
八雲の心情をより強く印象付けている。

やっぱりよそう、とクマが酒を置くシーン。
あふれる涙と清々しい表情の対比で、クマの心情を細かく表現し、オチへと向かう。

終盤

漫画とは一味違う感動があります。
アニメ版「芝浜」をぜひこちらからご覧ください。

噺家

「芝浜」の噺家表現

冒頭

これまでご紹介してきた、
昭和元禄落語心中で与太郎が披露した「芝浜」と、
当然ながら一味も二味も違うナマの噺家の「芝浜」。
こちらは2017年1月31日、
浅草演芸ホールで開催された「昭和元禄落語心中寄席」において、
柳家権太楼師匠が披露した「芝浜」です。
息を飲んで噺に食い入るお客の空気も感じられる、極上の一席。
与太郎同様、師匠のクライマックスの熱演に、ぜひご注目ください。

柳家権太楼 プロフィール

柳家権太楼
本名 梅原健治(うめはら けんじ)
生年月日 昭和22年(1947年)1月24日 東京都出身
出囃子 金毘羅(こんぴら)
くり猿(くくり猿)
略歴
昭和45年 4月 明治学院大学法学部卒業。
故柳家つばめ入門、前座名ほたる。
昭和49年 9月 師匠他界のため柳家小さん門下となる。
昭和50年 11月 二ッ目昇進、柳家さん光と改名。
昭和53年 11月 NHK新人落語コンクール優秀賞受賞。
昭和55年 1月 54年度日本演芸大賞ホープ賞受賞。
昭和57年 9月 真打昇進、三代目柳家権太楼襲名。
昭和62年 2月 61年度若手演芸大賞、大賞受賞。
平成6年 12月 社団法人落語協会功労賞受賞。
平成13年 11月 社団法人落語協会理事就任。
平成14年 3月 浅草演芸大賞・奨励賞受賞。
平成18年 3月 社団法人落語協会常任理事就任。
平成24年 3月 23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
平成25年 3月 24年度板橋区区民文化栄誉賞受賞。
平成25年 4月 明治学院大学客員教授就任。
平成25年 6月 社団法人落語協会監事就任。
平成25年 11月 紫綬褒章受章。
令和2年 8月 監事を退任し相談役に就任。
1巻まるごと試し読み 1巻まるごと試し読み